意思伝達支援ボランティア育成研修 in 室蘭

 

 9月9日に室蘭市中小企業センターで研修会を行いました。

 室蘭保健所の保健師さんが3名、当事者ご夫妻と思しきお二人と現地のNPO団体の3名と、合わせて8名が参加。

 こじんまりとではありましたが、集中豪雨の中、参加して下さった皆様には心から感謝しております。

 偶然ですが、昨年も何と偶然9月9日に室蘭保健所で研修会を開いていました。

プログラム

◯ご挨拶とiCareほっかいどう設立の経緯

代表 杉山逸子

◯iCareほっかいどうが行ってきた意思伝達支援活動と道内の支援状況について

相談員 佐藤美由紀

事例発表

支援ボランティア 鴨崎有里

◯意思伝達支援機器に触れてください

相談員 佐藤美由紀

 

iCare05iCare06

アンケートから(回収3名)

1、 とても満足(2名)満足(1名)

2、 役立つ情報が得られた(2名) 日頃の生活や活動に役立った(1名) スキルアップにつながった(2名)

<自由記載>

◯いろいろご相談できて自信につながりました。ありがとうございました。またよろしくお願いします。

◯事例の紹介は意志伝達装置の使用のねらいが実体験を通してとても分かりやすく伝わりました。ありがとうございました。

◯情報の入手になった。すべてが初体験。