マイトビー勉強会

昨日はクレアストの伊藤さんをお迎えして視線入力機器「マイトビー」の勉強会を行いました。

視線入力は現在、各社が開発にしのぎを削っているそうですが、マイトビーは環境(光など)に左右されず、入力する人の姿勢も選ばず、視線入力機器としては大変優れているものであることが分かりました。

問題は価格の高さです。そのため補装具として給付が認められるためには、非常に厳しい要件があります。

勉強会では、給付の要件、周辺機器の接続、使いこなすための視線の状態、などについて多くの質問が出されました。

次回、伊藤さんがお見えのときには、また勉強会を開催したいと思います。

casino online

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA