「遊べるスイッチを作ろう」

8月23日、iCareほっかいどう恒例の小さな勉強会を開催しました。

今回は「遊べるスイッチを作ろう」と題したスイッチ工作会です。

障害を持つお子様のお母様と、そのお子様の担任の先生や

OTの先生方が参加され、はんだ付けの基礎から、

各種スイッチや、AC電源をオン、オフするリレーボックスなどの

作成まで、5時間にわたって取り組みました。

「できた!」「やった、うごいた!」「ああ、ダメだ」と賑やかな、

和気藹々とした勉強会になりました。

時間が足りなくなって完成できなかったものもありましたが、

ものを作る楽しさ、工夫する喜びを十分味わって

いただけたと思います。

 

皆さんのご希望で、2~3ヶ月後に、続編を開催する予定です。

今まで使うことをあきらめていた機器やおもちゃが、スイッチひとつで

使えるようになることは決して少なくありません。

今回参加できなかった方も、是非ご参加ください。

image